料金ページ

東京ビアンコ・デンタルクリニックは矯正歯科カウンセリング無料

東京銀座・新宿の矯正歯科・東京ビアンコ・デンタルクリニックでは矯正歯科治療のカウンセリングを無料でおこなっています。

安心してカウンセリングのご予約をお取りください。

東京ビアンコ・デンタルクリニックでは裏側歯列矯正・ハーフリンガル歯列矯正・インビザラインなどのマウスピース矯正・表側歯列矯正・前歯だけの部分歯列矯正など、多彩な矯正歯科治療のメニューをご用意しています。

見えない矯正歯科治療をご希望の方、安い費用の矯正歯科治療をご希望の方、結婚式までに間に合わすために短期の矯正歯科治療をご希望の方、ぜひ東京ビアンコ・デンタルクリニックにご相談ください。

もちろん予想される治療期間や費用も見積書として書面にて明示させていただけます。

検査料・月管理費・保定装置費も含まれたわかりやすい料金

学割スタートしました

矯正歯科治療が学生証提示で、学生割引10%OFF

わかりやすい料金

東京銀座・新宿の東京ビアンコ・デンタルクリニックでは矯正歯科治療では必要な検査料・月管理費・保定装置費なども含まれた、わかりやすいトータルな料金設定になっています。

検査料・月管理費・保定装置費などが別途費用になっている他の矯正歯科ではホームページなどで表示されている料金よりもトータルすると、かなり高額になる場合がございます。

東京ビアンコ・デンタルクリニックでは検査料・月管理費・保定装置費も料金に含まれているので、他の医院よりもトータルで安い費用で矯正歯科治療が受けられる場合がございます。

基本料金

矯正歯科 料金

裏側歯列矯正

上下とも歯の裏側からの矯正歯科治療です。比較的、費用の安いセミオーダー・タイプの裏側歯列矯正です。

非抜歯 800,000円(税込 856,000円)

小臼歯抜歯 1,000,000円(税込 1,080,000円:抜歯代・抜歯部ダミー歯込み)

ハーモニー裏側歯列矯正

ハーモニーは完全オーダーメイドのデジタル裏側からの矯正歯科治療です。

小臼歯抜歯 1,000,000円(税込 1,080,000円:抜歯代・抜歯部ダミー歯込み)

小臼歯抜歯 1,200,000円(税込 1,296,000円:抜歯代・抜歯部ダミー歯込み)

ハーフリンガル歯列矯正

上は裏側、下は表側の矯正歯科治療です。上下ともの裏側歯列矯正に比較して安い費用で矯正歯科治療が受けられます。

非抜歯 700,000円(税込 756,000円)

小臼歯抜歯 850,000円(税込 918,000円:抜歯代・抜歯部ダミー歯込み)

インビザライン

インビザラインは見えないマウスピース矯正です。裏側歯列矯正よりも安い費用で見えない矯正歯科治療を受けられます。

非抜歯 720,000円(税込 777,600円)

小臼歯抜歯 770,000円(税込 831,600円:抜歯代・抜歯部ダミー歯込み)

ハーフ&ハーフ歯列矯正

上は裏側歯列矯正、下は透明なマウスピースの矯正歯科治療です。

非抜歯 750,000円(税込 810,000円)

小臼歯抜歯 900,000円(税込 972,000円:抜歯代・抜歯部ダミー歯込み:下顎の抜歯は非対応)

表側歯列矯正

表側歯列矯正ですが、東京ビアンコ・デンタルクリニックでは透明なクリアータイプまたは白いホワイトタイプの矯正歯科ブラケットを使用して目立たなくしています。安い費用で矯正歯科治療を受けられます。

非抜歯 600,000円(税込 648,000円)

小臼歯抜歯 750,000円(税込 810,000円:抜歯代込み)

デーモン・クリア表側歯列矯正

デーモン・クリアは目立たず、歯の動きのいい表側歯列矯正です。

非抜歯 650,000円(税込 702,000円)

小臼歯抜歯 800,000円(税込 864,000円:抜歯代込み)

デジタル・マウスピース矯正

デジタル・マウスピース矯正はインビザラインと同じく、デジタル設計のマウスピース矯正です。大きく歯を動かす必要がない場合にインビザラインよりも安い費用で矯正歯科治療をおこなえます。

600,000円(税込 648,000円:非抜歯のみ)

裏側+デジタル・マウスピース矯正

初めに上下とも裏側歯列矯正である程度歯を動かしてからデジタル・マウスピース矯正に移行する矯正歯科治療です。抜歯が必要な場合にも対応できます。

非抜歯 500,000円(税込 540,000円)

小臼歯抜歯 +100,000円(税込 108,000円:抜歯代・抜歯部ダミー歯込み)

ハーフリンガル矯正+デジタル・マウスピース矯正

初めに上は裏側、下は表側の歯列矯正である程度歯を動かしてからデジタル・マウスピース矯正に移行する矯正歯科治療です。抜歯が必要な場合にも対応できます。

非抜歯 450,000円(税込 486,000円)

小臼歯抜歯 +100,000円(税込 108,000円:抜歯代・抜歯部ダミー歯込み)

表側矯正+デジタル・マウスピース矯正

初めに上下とも表側歯列矯正である程度歯を動かしてからデジタル・マウスピース矯正に移行する矯正歯科治療です。抜歯が必要な場合にも対応できます。

非抜歯 400,000円(税込 432,000円)

小臼歯抜歯 +100,000円(税込 108,000円:抜歯代込み)

部分歯列矯正 料金

前歯だけの歯列矯正です。よく目立つ前歯だけ部分的に歯並びを治すので通常の歯列矯正に比べて短期間(3~6ヶ月)で安い費用で矯正歯科治療をおこなえます。見えない裏側の部分歯列矯正や透明なマウスピース矯正もございます。

裏側部分歯列矯正

見えない裏側からの部分歯列矯正です。

片側 上または下のみ 350,000円(税込 378,000円)

両側 上下とも 550,000円(税込 594,000円)

表側部分歯列矯正

目立ちにくいクリアーまたはホワイトの表側からの部分歯列矯正です。

片側 上または下のみ 250,000円(税込 270,000円)

両側 上下とも 350,000円(税込 378,000円)

ハーフリンガル部分歯列矯正

目上は見えない裏側、下は目だたないクリアーまたはホワイトの表側からの部分歯列矯正です。

両側 上下とも 450,000円(税込 486,000円)

デジタル・マウスピース矯正

透明な見えない取り外し自由なマウスピースを使用した部分歯列矯正です。

片側 上または下のみ 300,000円(税込 324,000円)

両側 上下とも 600,000円(税込 648,000円)

ハーフ&ハーフ部分歯列矯正

上は裏側、下は透明なマウスピースの部分歯列矯正です。

両側 上下とも 500,000円(税込 540,000円)

矯正歯科費用のお支払いは

各種クレジットカード取扱

各種クレジットカード

矯正歯科費用のお支払いは現金・銀行振込の他にクレジットカードもご利用いただけます。分割払い・リボ払い・ボーナス払いもご利用いただけます。

デンタルローンも取り扱っております

Oricoウェブデンタルクレジットの案内

東京ビアンコ・デンタルクリニックでは矯正歯科費用のお支払いに、患者様ご自身でスマホからも簡単に申込いただけるデンタルローンも取扱っております。アプラスとオリエント・コーポレーションの2社お選びいただけます。

アプラスデンタルローン
Oricoウェブデンタルクレジット

デンタルローンの医療費控除について

デンタルローンは、患者様が歯科医院に支払うべき治療費を信販会社が立替払をして、その立替分を患者様が分割で信販会社に返済していくものになります。そのため信販会社が立替払をした金額は、その患者様がその立替払をした年(デンタルローン契約が成立した時)の医療費控除の対象になります。
なお、デンタルローンを利用した場合には、患者様の手もとに歯科医院の領収書がないと考えられますが、この場合には、医療費控除を受けるときの支出を証明する書類として、デンタルローンの契約書の写しや信販会社の領収書を添付してください。
(注)デンタルローンに係る金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりません。

医院での直接の分割払い

東京ビアンコ・デンタルクリニックでは最初に矯正歯科費用の一部(例 1/4~1/2)をお支払い頂き、残りを来院時に何回かに分けてお支払い頂く、医院での直接の分割払いも承っております。初回のお支払い金額や回数などは受付にご相談ください。
お支払い例:合計648,000円の場合
初回348,000円+30,000円×10回=合計648,000円

東京銀座・新宿ともにインビザライン 無料カウンセリング実施中

医療費控除について

医療費控除とは

医療費控除は、その年の1月1日から12月31日までの間に10万円以上の医療費を支払った場合に受けることができる所得控除です。
税務署へ確定申告することで、所得税の一部が戻ってくる制度です。
平成29年分以後の確定申告から、医療費の領収書から「医療費控除の明細書」を作成し、確定申告書に添付して申告します。
医療費の領収書自体を添付する必要はなくなりましたが、経過措置として、平成29年分から平成31年分までの確定申告については、明細書を確定申告書に添付せず、領収書を確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示することによることもできます。

矯正歯科費用の医療費控除

容貌を美化するための矯正歯科費用は、医療費控除の対象になりません。
発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。
成人の歯列矯正でも矯正担当医が、例えば「噛み合わせが悪くて機能的な問題があるので矯正治療が必要」など、容貌の美化ではなく医学的に歯列矯正が必要と診断すれば医療費控除を受けられます。その場合は確定申告で診断書の提出を要求される場合がございます。

医院紹介

GINZA 銀座院

銀座院院内画像

東京ビアンコ・デンタルクリニック銀座本院は一部リニューアルいたしました。新宿院と同じく完全個室の診療室でプライバシーにも配慮、安心してインビザラインなどのマウスピース矯正歯科治療を受けられます。

医院紹介

SHINJUKU 新宿院

新宿院院内画像

東京ビアンコ・デンタルクリニックは銀座の他にも新宿駅西口にも開院致しました。通院がますます便利になります。

料金表

院内画像
東京・銀座で矯正歯科・歯列矯正なら東京ビアンコ・デンタルクリニック
  • 銀座 03-6263-0438
  • 新宿 03-5937-1548